Canada ALPHA

日本語   中文

 

Multi-Ethnic Joint Position on the Recent Tension in East Asia

For Redress, Reconciliation and Peace in the Asia-Pacific

 

Please click here to endorse this Position Paper online.

 

As a multi-ethnic coalition of organizations representing tens of thousands of Canadians, we are voicing our support for the victims of Japanese war crimes in Asia; our concern that all Canadians be informed about the effects of World War II in Asia as well as in Europe, and; our demand that the Canadian government work toward redress, reconciliation and peace in the Asia-Pacific, declining to support the Koizumi government's bid for a permanent seat on the United Nations (UN) Security Council until redress is achieved.

 

Background

Last month, thousands of people demonstrated in numerous Chinese and other international cities to protest against the Japanese government's bid for a permanent seat in the United Nations Security Council.  Earlier, 40 million people around the world signed a petition opposing Japan's move. Many people were shocked and dismayed again at the Japanese government's recent approval of history textbooks that gloss over Japan's crimes against humanity, and whitewashes its militarism as an Axis power during World War II. Regular visits by Japanese politicians, including Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi, to the Yasukuni shrine, have angered many.  In 1978, this shrine deified 12 convicted World War II Class-A war criminals including General Hideki Tojo. Yasukuni glorifies Japan's militarist past.  And while the German government continues to assist victims of the Nazi era, victims of Japanese war crimes have had to file lawsuits in Japan, often thwarted by the Japanese government.

 

That people have resorted to demonstrations is a stark reflection of the fact that memories of the war, and war crimes perpetrated by Japanese imperial forces are unresolved, and that reconciliation is far from being achieved.

 

Asian survivors of war crimes, including the women forced into sexual slavery (so-called 'comfort women'), victims of the Nanking massacre, those taken to Japan as forced labourers, victims of Japan's biological warfare in China, or abused prisoners of war do not feel that the Japanese government has adequately addressed their unspeakable pain and damage.  Measures must be taken to bring some closure for these survivors.

 

Compounding the problem has been a resurgence of neo-nationalism in Japan, accompanied by an expanding military.  The Japanese government dispatched destroyers to the Indian Ocean and troops to Iraq, and it has joined the U.S. military's ballistic missile defence system.  Japan's ruling Liberal Democratic Party is pushing to jettison Japan's pacifist constitution (Article 9) and key officials are advocating that Japan go nuclear.  A higher Japanese military profile in Asia only aggravates an already delicate situation, stirring memories of the unresolved past.

 

Our Coalition, including a cross-section of Canada's Asian-Canadian minority population, supports the demands of the B.C. Committee against Japan's Bid for a U.N. Security Council Permanent Seat (see archive.alpha-canada.org/petition).  The elderly survivors of Japanese war crimes deserve the support of the whole world.  Until redress is achieved, reconciliation will be impossible, and peace in the Asia-Pacific jeopardized.

 

A Canadian Issue

Contrary to some media reports, the struggle for redress in Asia is not about states, or about geopolitics.  It is about the human rights of people who have suffered long enough.  Do the victims of Japanese war crimes deserve less than their European counterparts?

 

On the 60th anniversaries of the end of the war in Europe (May 7) and in Asia (August 15), the Canadian government should speak out for the rights of both Asian and European survivors of war crimes.  To do otherwise would send a message to Asian-Canadians that their concerns are not being taken seriously by the three levels of government.

 

Canada has an international reputation for advocating human rights, and promoting peacekeeping rather than war-making.  In 1988, the Canadian government set a positive example in providing a redress settlement long demanded by Japanese-Canadians.  Ten years later, in 1998, the federal government provided Canadian Hong Kong veterans with compensation for the abuse they suffered as prisoners of war in Japan.  And just last year, Canadian servicemen who were used as guinea pigs in chemical warfare tests at Suffield during World War II were provided with compensation.  Do Asian victims of war crimes deserve less?  Don't Asian survivors deserve justice and redress from the Japan government?

 

As a signatory to the peace treaty with Japan, and through its war crimes laws, Canada has not only the right but the obligation to help resolve outstanding issues from World War II in Asia.

 

Furthermore, Canada has a vested security and economic interest in resolving this conflict.  Otherwise we risk seeing a destabilized Asia-Pacific region, with eventual spillover effects onto our own security and economy, which is increasingly tied to that of other Asian-Pacific nations.

 

To achieve redress, reconciliation and peace in the Asia-Pacific, we request the Canadian government to:

 

a. Lay a formal complaint with the Japanese government for promoting and participating in visits to Yasukuni Shrine.  Under Article 11 of the 1951 San Francisco Peace Treaty, to which Canada is a signatory, the Japanese government was to "accept the judgements" of the International Military Tribunal for the Far East, the counterpart to Nuremberg.  Visits by government officials to a shrine that has deified war criminals violates both the letter and the spirit of the Peace Treaty.

 

b. Refuse to support a Japanese bid for a permanent seat on the UN Security Council

until the Japanese government provides appropriate redress for victims of crimes against humanities; issues a state-endorsed, full apology for its war crimes; and institutes substantive measures of war responsibility, similar to Germany's, including passing a law that would outlaw denial of the Asian holocaust.

c. Promote August 15 (V-J Day), as a day of "Peace in the Asia-Pacific" and support actions and education, including the promotion of the B.C. Ministry of Education learning resource "Human Rights in the Asia Pacific 1931-1945: Social Responsibility and Global Citizenship" to assure Canadians have an equal opportunity to learn lessons from World War II in Asia as well as in Europe. 

We call on Canadian organizations and community leaders to endorse this statement. 

 

Statement issued on May 18, 2005

 

Please click here to endorse this Position Paper online.

 

Endorsing Organizations:

Endorsing Individuals: (Position and institution are listed for identification purpose only)


Canada ALPHA

English    中文

最近の東アジアにおける緊張に関するエスニック・グループの共同声明

 ―アジア太平洋地域における補償、和解、平和のために― 

訳文

英文タイトル
Multi-Ethnic Joint Position on the Recent Tension in East Asia:
For Redress, Reconciliation and Peace in the Asia-Pacific
 

    何万人ものカナダ人を代表する多民族の連合体として、わたくしたちはアジアにおける日本の戦争犯罪に犠牲者を支持を訴えます。とくに、アジアとヨーロッパ両地域における第二次大戦の影響について、すべてのカナダ人に知ってもらいたいと考えます。さらに、カナダ政府にアジア太平洋地域における補償、和解、平和のために努力してほしい、そして、そのような目的が達成されるまで、カナダは国連安保理事会の常任理事国就任を目指している小泉政権を支持しない、などのわたくしたちの要望をここに声明いたします。

 

 

先月(2005年4月) 何千人もの人々が、中国の諸都市で、そしてその他の国々の都市でも国連安保理事会常任理事国の地位を求めている日本政府に反対するデモンストレーションに参加しました。すでに、世界各地の4000万の人々が署名運動に参加して日本のこの努力に反対する意思を表明しました。多くの人々は日本の人道に対する犯罪をないがしろにし、第二次大戦中枢軸国として戦ったその軍国主義を糊塗している歴史教科書を最近、日本政府が認可したことに驚き落胆しています。日本の小泉純一郎首相をはじめ日本の政治家たちが定期的に靖国神社に参拝していることにも多くの人々が憤慨しています。1978年にこの神社は東条英機元首相をはじめとする第二次大戦の12人のA級戦犯を合祀しました。靖国神社はかっての軍国主義の時代を賛美しています。ドイツ政府がナチスの時代の被害者に対して継続的に援助しているのに引き比べて、日本の戦争犯罪による被害者は日本で裁判を起さなければならなくなっていますが、多くの場合、日本政府によって反論されて、敗訴になっています。

 

人々がデモという手段に訴えたのは、戦争の記憶、すなわち、日本帝国軍隊によって行われた戦争犯罪の問題が未解決であること、そして和解の到達には程遠いという事実を反映しています。性奴隷(いわゆる従軍慰安婦)となることを強いられた人々、南京大虐殺の犠牲者、日本に連行されて強制労働に従事させられた人々、中国における日本の細菌戦の犠牲者、虐待された戦時捕虜などを含むアジア地域でこうむった戦争犯罪の生き残りの人々は、自分たちが経験した言葉では言い尽くせない苦痛や被害に対して、日本政府が適切に対応していないと感じています。以上のような生存者のために対策が講じられて、何らかの締めくくりが出来るようにしなければならないのです。

 

問題を複雑にしているのは日本における軍備拡大に伴うネオ・ナショナリズムの復活です。日本政府はインド洋に駆逐艦を派遣、そしてイラクに軍隊を派遣し、さらにアメリカ軍の弾道ミサイル防衛システムに参加しています。日本の与党の自民党は日本の平和憲法(第9条)を廃棄しようとしており、党首脳部は日本の核武装を主張しています。アジアにおける日本の軍事的存在がよりいっそう確固としたものになるならば、未解決の過去の記憶が蘇って来て、すでに微妙になっている事態をさらに深刻化するでしょう。

 

カナダ少数民族の様々なグループをふくむ私たちの連合体は「日本が国連安保理事会常任理事国の地位を求めることに反対するBC州委員会の要求」を支持します。 (参照: archive.alpha-canada.org/petition). 日本の戦争犯罪の被害を受けて生き残った人々は今や高齢で、全世界から支持されて当然でしょう。補償が達成されなければ、和解は不可能であり、アジア太平洋地域の平和が危険にさらされるでしょう。

 

カナダの問題

 

一部メディアの報道とは異なり、アジアにおける補償の問題は国家に関するものでも、地政学的要素に関するものでもありません。長年、苦痛を経験している人々の人権に関する問題です。日本の戦争犯罪による被害者はヨーロッパの被害者に比べてそれほど重要でないと言えるでしょうか。

 

大戦のヨーロッパにおける終結(5月7日)、および、アジアにおける終結(8月15日)の60周年にあたって、カナダ政府はアジアとヨーロッパ両地域における戦争犯罪の被害者の権利を擁護する立場を明らかにすべきだと思います。それが行われないならば、アジア系カナダ人は3レベルの政府が自分たちの関心事をまともに考慮する積りがないのだと受け取るでしょう。

 

カナダは人権を擁護し、戦争挑発ではなく平和維持を促進している国として国際的に評価されています。1988年にカナダ政府は、長年、日系カナダ人が要求していた補償問題を解決するという立派な前例を作りました。10年後の1998年には連邦政府はホンコンに従軍した元軍人に対して日本で戦時捕虜として虐待を受けたことに対する補償金を支払いました。また昨年には、第二次大戦中にサフィールドで化学兵器の実験材料にされたカナダ軍兵士に対しても補償金を支払いました。アジアにおける戦争犯罪の犠牲者には同様なものを受け取る資格がないと言えるでしょうか。アジアの生存者たちは正義に値しないし、日本政府からの補償を受け取る資格がないのでしょうか。

 

対日講和条約の調印国であり、戦争犯罪に関する自国の法律に照らして、カナダにはアジアにおける第二次大戦から発生した問題の解決を促進する権利と義務とがあります。

 

さらに、カナダにとっては自国の安全や経済の観点からも現在の対立の解決が必要です。解決されないと、アジア太平洋地域が不安定となる危険があり、ひいては、アジア太平洋諸国との関係が深まりつつある中でカナダの安全や経済に悪影響が波及するものと予想されます。

 

アジア太平洋地域のおける補償、和解、平和を達成するために、わたくしたちはカナダ政府に以下のような処置をとる事を要望いたします。

 

1.        靖国神社参拝の奨励と参加に関して、日本政府に公式に苦情を申し立てる。カナダが調印した1951年のサンフランシスコ講和条約第11条では日本政府がニュルンベルグ裁判に準じた極東国際軍事裁判の「判決を承認する」ことと定められている。戦争犯罪人を祀った神社に政府要人が参拝することは講和条約の規定にも精神にも違反している。

 

2.        日本政府が人道に対する犯罪の犠牲者に対して適切な補償を行うこと、戦争犯罪に関して国として公式に全面的な謝罪を発表すること、すでにドイツが行っているような戦争から生じた責任に関する実質的な対応策を導入すること、それにはアジアにおけるホロコースト(大量虐殺)否定を法律違反とする立法を含むものとする。以上の本項の処置が実現されるまで、カナダは日本の国連安保理事会常任理事国就任を支持しない。

 

3.        8月15日(V-J Day)を「アジア太平洋地域のおける平和の日」に指定して、 関連の行事や教育活動を援助する。それにはBC州教育省発行の教材、『アジア太平洋における人権、1931年―1945年:社会的責任と世界市民』の普及を含むものとし、カナダ人が第二次大戦に関してヨーロッパの経験からだけではなく、アジアにおける経験からも同じ様に教訓を学ぶ機会を与えられるよう配慮する。

カナダの諸団体にこの声明への賛同を呼びかけます。

 

(2005年5月18日発表)


Canada ALPHA

English   日本語
 

多元族裔在近期东亚紧张局势问题上的联合立场

还历史以公正,为亚太和解与和平而努力

 

请按此处在网上签名

 

我们是代表成千上万加拿大人的多元族裔组织联盟,籍此公开声明,向日本战争罪行的受害者们表示声援,努力让全加拿大人都了解二战对亚洲以及对欧洲的影响,要求加拿大政府采取行动,为正视历史,实现亚太和解与和平尽力,要求加国在上述目标实现之前拒绝支持日本政府申请加入联合国安理会常任理事国。

 

背景

 

上个月,在中国和世界许多城市有成千上万民众游行示威,抗议日本申请加入联合国安理会常任理事国。早些时候,世界各地四千万人签名反对日本「入常」。人们对日本政府最近的一系列行动感到震惊并表示不满。这些行动包括:前不久批准美化日本对全人类犯下的战争罪行的历史教科书面世,粉饰日本在二战中作为轴心国成员的军国主义。大家对包括小泉纯一朗在内的日本政要不断参拜靖国神社之事极为愤怒。1978年,靖国神社将包括东条英机在内的十二名经过宣判的二战甲级战犯奉为神明,美化日本军国主义历史。纳粹时期的受害者受到德国政府的帮助,而日本战争罪行的受害者却只能诉诸法庭,即使如此,这些诉讼还不斷受到日本政府的阻挠。

 

世界各地的示威游行显示,人们心目中的战争创伤及日本帝国主义势力犯下的战争罪行问题仍未解决,和解的目标远远没有达到。

 

亚洲的战争幸存者,包括被迫成为性奴隶的妇女(所谓的「慰安妇」)、南京大屠杀受害者、被强制送往日本服苦役的劳工、日本在中国实施细菌战的受害者以及受虐待的战俘,他们感到日本政府并没有对他们所遭受的无法用语言表达的痛苦和伤害作出应有的回答。必须采取措施让这些幸存者的伤口得以愈合。

 

極端民族主义思潮在日本的再抬头以及随之而来的日本军事扩张,使战争遗留下来的问题进一步复杂化。日本政府向印度洋派遣驱逐舰,向伊拉克派遣部队,加入了美国战略导弹防御系统。日本当权的自由民主党试图修改战后宪法(第九条),主要政府官员为日本发展核武大造舆论。日本军事升级只能进一步加剧亚洲原本已经十分危急的矛盾局势,将尚未解决的历史问题摆到人们的面前。

 

本联盟及其所代表的加拿大各亚裔人士支持『卑诗反对日本申请联合国安理会永久席位委员会』提出的要求(见www.alphacanada.org/petition)。深受日本战争罪行伤害的老人应该得到全世界的支持。不还历史以公正,和解便无从谈起,亚太和平也无法得到保障。

 

與加拿大有关事务

 

要求公正看待亚洲二戰浩劫历史并非如某些媒体所说是国家政治之争,或地域政治问题。这是关系到饱受战争痛苦的人们的人权问题。难道日本战争罪行的受害者们不应该享有和欧洲战場受害者们同样的权利吗?

 

值此欧洲(57日)和亚洲(815日)二战结束六十周年纪念日之际,加拿大政府应该站出来为亚洲和欧洲战争幸存者们主持公道。不这样做,就是向亚裔加拿大人发出这样的信息﹕他们的三级政府对他们所关心的问题不重视。

 

加拿大历来在国际上享有倡导人权、促进和平的美誉﹐而不是发动战争者。1988年,加国政府用实际行动纠正和补偿了向日裔加人所犯的历史错误,满足了他们多年的訴求,树立了一个正面的榜样。十年后,1998年,联邦政府又为二战中在香港被日军俘虏受虐待的加拿大战俘提供补偿。就是在去年,当年在Suffield被当作化学武器试验品的加拿大军人也从政府那里得到了补偿。难道亚洲的战争罪行受害者就不应该得到合理的賠偿吗? 难道亚洲的幸存者们不应该向日本政府讨还公道吗?

 

作为对日和约的签字国之一,并根据本国有關違反战争罪行的法律,加拿大不仅有权利而且有义务帮助解决二战遗留给亚洲人民懸而未決的問題。

 

而且,解决这一問題有利于加拿大的既得利益,包括安全和经济利益。如果这一问题得不到解决,我们将面对一个动荡不安的亚太地区,其结果终将影响到我们的安全以及与亚太其它国家日益密切的经济往来。

 

为了达到在亚太实现公正、和解与和平的目标,我们要求加拿大政府:

 

1)向日本政府提出正式抗议其支持和参拜靖国神社。加拿大是1951年旧金山和约的签约国之一,根据该条约第十一条,日本政府必须「接受远东国际军事法庭的东京审判」即亚洲的纽伦堡审判。政府官员参拜供奉战争罪犯神社的行为,违反了该和约的条文和精神。

2)在日本政府做到以下几点之前拒绝支持日本申请成为联合国安理会常任理事国:还战争罪行受害人以公道、國會立法代表国家就其所犯战争罪行作出全面道歉、制定一系列类似德国承擔战争责任之舉措,其中包括立法禁止否认侵略史實和暴行。

 

3)宣传815日(抗日战争胜利日),将其定为「亚太和平日」,支持有关行动和教育项目,包括推广卑诗省教育厅的教材,《亚洲人权19311945:社会责任与全球公民的义务》,保证加拿大人有学习二战历史的平等机会,不仅是了解欧洲的二战史,而且还有亚洲的二战史。

 

我们呼籲全加拿大的不同组织及社區領袖签名支持以上声明。

 

立場書于2005518日發表

 

请按此处在网上签名